08タブレットによるLPガス検針システム

事業のご案内
システム受託開発事業

システム概要

LPガス業界のニーズに応じ開発した。920MHz帯で消費電力が抑えられる新しい通信方式「Uバスエア」を採用した。電池駆動式の無線システムで、この方式を組み込んだ端末によって各家庭のLPガスメーターの検針データを複数のメーターを経由して伝送する。

システム概要

特長

  • ガスメーターに設置された無線機で、ガスメーター自体がネットワークを構築する。
  • 無線機付きガスメーターの一つがネットワーク上の全てのガスメーターの検針情報・機器状態を取得し、その取得した情報をAndroidタブレットで吸い上げることができる。
  • Androidタブレットは地図情報とガスメーターから取得したデータを、リアルタイムに表示することができる。
  • 通信異常となった場合は、目視検針し、手動でAndroidタブレットに登録することもできる。
  • 検針情報はAndroidタブレットからPCに保存することができる。

開発環境

OS Android5.0
DB SQLite
開発言語 Java
その他 OpenStreetMap
NSDの役割
設計/製造/テスト 詳細設計フェーズから社内試験フェーズまでを担当。

他の開発実績

  1. 納入情報公開システム
  2. e-自治体 文書管理システム
  3. 官公庁向け 防災情報システム
  1. 浄水場向け 計測制御システム
  2. プラント監視制御システムの開発
  3. LPガス検針システム
  4. 決済業務総合システム

PageTop